「国際学会で研究者に話しかけるのに躊躇がなくなった」(40代女性・大学教員・Mさん)

目次

スピーチの量が2倍!英語を読むスピードも2倍!

トータルで9カ月、英会話のコースを受講いただいたMさんは
大学の教員としてお勤めの40代女性です。

英作文スピーチのスピードは、1分間で7個の文を作成できるところから14個に
英語の文を読むスピードは、1分間に50単語読めるところから100単語までと
両方とも約2倍に伸びていきました!

このインタビューは、受講終了から約1カ月後ですが
コーチングを受けていた時と同じぐらいの勉強時間で
現在も継続できているという嬉しい声を頂いています。

きなこのプログラムを受ける前はどんなことを悩んでいましたか

英語を仕事でも使う機会はあったし、勉強しなきゃいけないという事はもちろんわかっていて
自分でも独学で色々やってみたりはしていました。

でも、何から勉強していいかわからない、やっていても上達の成果が見えない
子育てと仕事に忙殺されていて、勉強時間も思うように捻出できないという状況。

そんな感じで、度々英語の勉強が嫌になることがあり
モチベーションをどう維持していったらいいのか分からない、という悩みがありました。

受講のきっかけを教えてください

国際会議(学会)に出席することになり、
そこで海外の方とお話する機会が
必ずあるのが分かっていたので
それに向けてスピーキング、英会話力を高めたいと思ったのがきっかけです。

国際会議で英語で海外の人に話しかけるのは初めてではなかったんですが
以前はすごくドキドキしてしまい、なかなか話しかけられなかったり
話しかけても全然話が続かないといったことがかなりありました。

でも、今回の会議では、コーチング受講をしていたおかげで
事前にこういうことを話したら
良いっていうことを教えていただいたり
メモみてもいいんだよっていうのを聞いたりして、
事前に準備をして行けたので

自分から話しかけることもできたし、
ちょっと言葉に詰まった時も
少し余裕をもって、とにかく会話を続けることができました。

受講して感じた変化を教えてください

一番大きいと感じているのは、勉強が継続できるようになったことと
継続するためにたくさんの労力が必要なくなったことです。

何をしたらいいかって考えるところから勉強するまでに
かなりエンジンがかかるのが遅いタイプなんですが
受講中は、この時間はこれをやるっていうのが決まっているので
何も考えずにアプリを開いたり本を開いたりでき
自然と英語学習がライフワークになっていきました。

講座を修了した現在でも、同じ時間に学習継続できています。

プログラムを受けてみて、特に良かったところを教えてください

受講中に、状況が変わると都度相談に乗って対応してくれる、
まさにオーダーメイドのところでしょうか。

パートナーシップはもちろんですが、勉強法の指導だけでなく
転職の相談にも乗ってもらえた点もとても助かりました。

TOEICの単語が、
自分の仕事のジャンルとは結構離れているせいで
使わないかなっていう食わず嫌い的なところがあったんですが、

海外の研究者の方のプレゼンなどを聞くと
実際に金のフレーズなどに出てくるワードを
たくさん使っていました。

それもやったな、聞いたことあるなってものが出てきたので、
金のフレーズをやって良かったと思いました。

国際会議出席の時は、フライト時間が長かったし
移動時間や待ち時間もかなりあったので、
ずっと金のフレーズをやっていました。
ちょっとしたすきま時間を使って
語彙を固めていくのも大事だなと感じます。

どんな人にこのサービスはオススメですか

子育て中のワーママや特に忙しい人
1日の中のどこで勉強時間を捻出したらいいか分からない人に向いていると思います。

実際にコーチと対話をしていく中で
この時間に勉強できるんじゃないかとか
ここでこういうのを挑戦してみましょうとかって提案してもらえたので
自分一人ではやってみようと思わなかったことも
提案してもらえるとやってみようかなと思えて、
やってみたら意外とできたこともありました。

子育てをしていると、自分の思いどおりにいかないこととか
自分の都合でどうにもならないことがたくさんあります。
子育て中のそういうもどかしさみたいなものを
コーチが凄く理解してくれるし
共感できるところがたくさんあると思うので、よりやり易いと思います。

英語コーチの印象をお聞かせください

9ヶ月間ずっと同じように勉強できたわけではなくて
モチベーションが上がらない時、忙しくて勉強ができない時
やってもやってもうまくできなくて悲しい時があったりしましたが
そんな時もきなこ先生は、絶えず励ましてくれました。

勉強とは関係のないことでも相談に乗ってくれたり
「この動画見て」みたいな感じで
勇気が出るような動画を送ってくれたりとかしてくださって
とにかく元気がもらえる先生だと思います。

この記事がよかったらシェア!
  • URLをコピーしました!
目次